MENU

診療案内

medical guidance

治療について

about treatment

むし歯の治療

むし歯になっている部分は染色液で染め、削ってとり除きます。

●とり除いた部分が小さい場合
コンポジットレジンという樹脂をつめます(治療回数1回)。

●とり除いた部分が大きい場合
形を整えた後、型をとり、詰め物を作り、セメントで接着します(治療回数2回)
詰め物は、健康保険の範囲で金属(強いが銀色)、または、樹脂(白いが弱い、変色することもある)を選んでいただけます。

神経をとる治療(歯髄炎の治療)

むし歯が大きく神経まで達しているような場合は、神経が細菌に汚染されていますので、神経をとり除き、また、神経の入っていた部分や根の中をできるだけきれいにして、ガッタパーチャという樹脂を詰めます。
(治療回数は場合によります)

樹脂を詰めた歯は、土台をたて、冠をかぶせます。

根の先の病巣の治療(根尖性歯周炎の治療)

根の中からの細菌の影響で根の先に炎症が起こっている場合、根の中をできるだけきれいにして、ガッタパーチャという樹脂を詰めます。
(治療回数は場合によります)
(場合によっては、歯茎を切って、骨をけずり、根の先をきれいにする外科処置が必要なこともあります)

樹脂を詰めた歯は、土台をたて、冠をかぶせます。

冠(健康保険)について

前歯の場合:表側が白い樹脂、裏側が金属のもの(前装鋳造冠)

小臼歯の場合:金属(全部鋳造冠:強いが銀色)、か、樹脂(硬質レジンジャケットクラウン:白いが弱い、変色することもある)を選んでいただきます。

大臼歯の場合:金属のもの(全部鋳造冠)

歯周病について

歯周病とは

歯周病は、成人の多くが罹患しており、歯を喪失する主な原因となっている疾患です。
どのような病気かといえば、細菌(歯垢や歯石)が原因となって引き起こされる歯茎の炎症です。

歯と歯茎の間に存在する細菌が、歯茎に炎症を引き起こします。
すると、歯茎が脹れ、歯と歯茎の溝が深くなります。
この状態を歯肉炎といいます。

さらに炎症が続くと歯の周りの組織が破壊されてしまいます。
この状態を歯周炎といいます。
歯周炎は進行すると歯を支える骨も破壊します。
骨は破壊されていくと歯を支える力を失っていきます。
(この段階になってはじめて、歯がゆれる、噛むと痛いなどの症状が出てくるので、気づく人がでてきます。)

支える力を失った場合、通常の噛む力にさえ耐えることができなくなっていき、通常の噛む力でさえ炎症を悪化させる要素となってしまいます。
そしてさらに進行すると、最後には歯が脱落してしまいます。
とはいえ、そのような歯周病は、原因は細菌なわけです。
そのため、原因である細菌のコントロール(適切なブラッシングによる歯垢の除去や歯科医院における歯石の除去)ができれば、予防できる、なっても軽く治り易い、すでになっていても進行を食い止めることが出来る可能性のある疾患なのです。
したがって、歯を含めたお口の中を適切にケアしていくことが、歯周病には最も有効な対策となるのです。

歯周病の治療

主には、歯垢の除去(ブラッシング、器械的歯面清掃)、歯石の除去(スケーリング、ルートプレーニング)と口腔清掃指導を行います。

場合によっては、固定、噛みあわせの調整、あわなくなっている被せや冠の再治療、歯茎を開いての処置(歯周外科)などが必要になることもあります。

状態が落ち着いた方には、定期的なメインテナンス(1ヶ月~3ヶ月に1回)に通院していただくことをお願いし、お口の状態を維持、管理していきます。

診療時間

time table

  日・祝
<午前> 9:00~13:00
<午後>14:30~18:30 ~17:30

【休診日】木曜日・日曜・祝日
※受付は診療終了時間30分前までとさせていただいております。
※土曜日のみ午後は17:30までとなります。
※祝日のある週の木曜日は診療いたします。

診療案内

medical guidance

診療時間|9:00~13:00 / 14:30~18:30(※土曜日のみ午後は17:30まで)
休診日|木曜日・日曜・祝日(※祝日のある週の木曜日は診療)

医院紹介

doctor’s office

どんな歯医者さんなのか、わからないから不安・・・
医院紹介ページでは、写真で雰囲気を感じていただけます。